« スポンサードリンク »
ホーム » あなたがデブなのは何故?

小さい頃から太っていると痩せられない?|太る体質改善法

小さい頃から太っていても痩せられます!


物心がついた頃から他の人と比べても、どうやら私はデブみたい・・・
両親や兄弟、親戚を見渡してみても周りは太っている人ばかり・・・
痩せない体質だから、ダイエットをしても無理。なんて思っていませんか?


何度かダイエットに挑戦してはみるものの、上手くいかずに諦めてしまって
一度も痩せた自分をみたことがない、なんて人もいるかもしれません
ダイエットに挑戦してみる→リバウンドする→諦める→でもまたダイエット・・・
これぞダイエットの負のスパイラル状態です


でも、本音はどうですか?太ったままでいいと考えている人は少ないはずです
痩せてかわいい服を着たり、もっと自分に自信を持って過ごしたと思っていますよね
小さい頃から太っていても痩せることはできるんですよ


■太る体質は存在する


両親が太っていると、子供も太っている。そういう光景をよく目にしますよね
太ることは遺伝する。これはウソではないようです
もともと、日本人は太りやすい遺伝子をもっているともいわれています


でも、太りやすい体質を作るのは遺伝子だけの問題ではないんです
小さい頃から太っている人は、子供の頃の過食が原因で太っている人が多いようです


どれだけ太るかというのは、脂肪の貯蔵庫である白色脂肪組織の細胞の量で決まります
この細胞の量が多ければ、多いほど体に蓄積できる脂肪の量も増えるんです
白色脂肪組織は、過食を続けている限りいつでも少しずつ増加するのですが
生まれてからの1年間、13歳〜15歳の頃の思春期に急増するといわれています


したがって、この時期に高脂肪、高エネルギーのものを取りすぎると
白色脂肪細胞が非常に増えて、将来的にも太りやすい体を作ってしまうんです
子供の頃の食生活を振り返ってみて、思い当たることはありませんか?


■太っている体質を改善するために


子供の頃から太っているのは、遺伝子や体質によるものよりも
小さい頃から身についてしまった、食生活や毎日の習慣に潜んでいるはずです


食事が不規則だったり、運動をする習慣がないなど・・・
そのため、太ってしまった今は普通の人よりも基礎代謝も低くなってしまったと
考えられます。筋肉量も少なく、ダイエットをしてもなかなか痩せられない
そんな体質になってしまっている可能性がありますよね


まずは、日常の生活を振り返ってみましょう
食事は規則正しく、バランスよくとっていますか?
こまめに体を動かしていますか?
睡眠はしっかりとっていますか?


今までしっかり蓄えてしまった脂肪は、すぐになくなることはありません
規則正しい食事や生活を心がけ、基礎代謝を高める。これがまず
痩せる自分に近づける第一歩ですよ

« スポンサードリンク »

バナナ体型の人のダイエット方法|太りにくい体を作る食事のコツ

一度太るとなかなか痩せないバナナ型!


体質別ダイエットで、バナナ体型の人はかなりほっそりした人が多いんですよね
だからといって、油断は禁物。このタイプの人は今はよくても後が怖い・・・


とくに、代謝が落ちる30代以降になると太りやすい体質になる可能性が!
そして、一度太るとなかなか痩せづらいといわれているので注意が必要なんです


■バナナ型体型の人の特徴


バナナ型体型の人は、りんご型、洋ナシ型の人に比べてスリムな人が多いんです
日本人の16%はこのタイプの人といわれています
代謝が普通の人よりも200kcalほど高いといわれているので
その分、太りにくい体質の人といえますよね


しかし、年齢とともに代謝が落ちてくるとどんどん脂肪がついてきてしまいます
おまけに、このタイプの人は筋肉が付きにくいことが特徴なので
そのままにしておくと、年齢とともにボディラインも崩れやすくなってしまうんです


体はスリムに見えるのに、実はお腹ぽっこり、隠れ肥満・・・なんて人も多いようです
それに、3つのタイプの中でも一番痩せにくいといわれているのもこのタイプ
普段から、太らないようにすることが大切になってくるようです



■バナナ体型の人のダイエットのコツ


もともと、筋肉がつきにくいタイプの人なので、普段から良質のたんぱく質を
しっかり多くとるように心がけましょう
良質のたんぱく質は、お豆腐やお肉の赤身などに多く含まれています


一度太るとなかなか痩せにくい体型の人なので、筋肉の原料となるたんぱく質を
しっかり食事に取り入れていくことがダイエット成功への近道になるんです


短気集中型のダイエットにも不向きで、少し痩せても筋肉がない分
すぐにもとの体型に戻ってしまう・・・リバウンドしてしまう傾向もあるんです


長期間じっくりと、食事ではたんぱく質をとりつつ、筋肉トレーニングを続けることが
このタイプの人に合ったダイエット方法のようです
太りにくい生活を心がけて、30代以降になってもスリムな体型をキープ
していきたいですよね!

« スポンサードリンク »

洋ナシ体型の人のダイエット方法|代謝アップが痩せるコツ

下半身太りの洋ナシ体型の人は代謝が悪い!


肥満遺伝子をタイプ別に分けた体系別ダイエット方法
その中でも洋ナシ型体型の人は痩せにくいといわれているんです
洋ナシ体型の人は、お尻や太ももが太く下半身にお肉がつきやすい
女性に多く日本人の25%がこのタイプといわれています


洋ナシ体型の人は、脂質の代謝が苦手なのですがから揚げや揚げ物など
油っこいものを好む傾向にある人が多いようです
このタイプの人は、内臓肥満のりんご型の人よりも痩せにくいので注意が必要



食事、運動を合わせたダイエットをする必要があるようです


■洋ナシ型タイプの人のダイエットのコツ


このタイプの人は、代謝が悪い人が多いようです
代謝はダイエットを成功させるためには、必要不可欠なものです
まずは、代謝を高めることを中心にダイエットを行ないましょう


代謝を上げるためには体を冷やさないことが大切です
唐辛子や生姜など体を温める食材をとるように心がけましょう
また、筋肉のもととなるたんぱく質を積極的にとるようにしましょう


逆に冷たい飲み物など体を冷やすものはなるべく取らないほうがベター
お水を飲むときも、冷たく冷やしたものよりも常温のお水やお湯の
ほうがいいといえます


運動は、有酸素運動だけではなく筋肉トレーニングを一緒にやると
代謝UPに効果的です。また、マッサージをすることも効果的です
マッサージをすることで、血行をよくして代謝UPにつながります


■洋ナシ型タイプは30代以降に増加する


このタイプの人は、女性ホルモンの影響を受けやすいといわれているんです
その影響で、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなってくる30代から
40代でさらに脂肪がつきやすくなる傾向があるので注意が必要です


洋ナシ型体型の人も、普段からの食事や軽い運動、代謝UPを心がけ
すっきりボディを目指していきましょうね

« スポンサードリンク »

りんご型体型の人のダイエット法|上手に糖質を制限するコツ

遺伝子ダイエットでりんご型の人は糖質に要注意!


最近人気のある、遺伝子型ダイエット方法
日本人は3つのタイプに分かれているといわれていますよね
りんご型、洋ナシ型、バナナ型


それぞれの体質によって、もちろんダイエット方法も違うんです
自分の体型に合ったダイエットをすることが、早く痩せるためには大切なことですよ


■りんご型タイプの人の特徴

●お腹がポッコリと出ている、内臓脂肪型。男性に多い
●太るとウエストの周りからきつくなるタイプの人が多く、とにかく
 内臓脂肪を蓄積しやすい
●基本的に楽天的な性格の人が多く、ダイエットが長続きしない
●基礎代謝量が少ないので摂取カロリーには注意が必要
●糖質の代謝が苦手な体質なので、炭水化物や甘いお菓子を食べるとすぐに脂肪に
●とにかく炭水化物や甘いものが大好き


などなど・・・当てはまる項目はありませんか?
りんご型タイプの人は、糖質の代謝が苦手なのにもかかわらず、炭水化物や
甘いものがやめられない、という人、多いんです


■りんご型体型の人のダイエット方法


一番早い方法は、糖質を制限することです
でも、もともと糖質が大好きなこのタイプの人がいきなり糖質制限をしてしまうと
正直、ストレスになってしまい、ダイエットも長くは続きませんよね


ストレスを少なく糖質を制限するためには、ちょとした工夫が必要なんです


その1・食事の前には野菜を食べる

食事の前に野菜を食べることで、血糖値の急上昇を防ぎ糖質を
脂肪に変えにくくしてくれます


その2・ゆっくりよくかんで食べる

りんご型タイプの人は早食いの人が多い。早食いだと、ついつい食べ過ぎに
なってしまうので、ゆっくりよく噛んで食べる習慣を身につけましょう


その3・ご飯にしらたきやえのきを混ぜる

炭水化物、特にご飯が大好きという人はご飯をたくときに一緒に
白滝やえのきなどでかさ増しすることをおすすめ
こうすることで、たくさん食べてもカロリーは大幅にカットできます
また、大麦を混ぜたご飯もおすすめです


その4・お菓子を食べるときは時間を決める

お菓子をダラダラいつでも食べていては、痩せることはできません
お菓子を食べるなら、夕方まで。と決めて。
ケーキなどのカロリーが高いものを食べた時は、夜ご飯などでカロリーを
調節しましょう


また、お菓子はクリームたっぷりのケーキなどよりも最近では大豆を使ったものなど
いろいろでているので、そういうものを上手く利用するのもいいですよね


糖質を無理にカットするよりも、上手く利用してストレスを溜め込まないことも
上手に痩せるコツなんですよ!

« スポンサードリンク »

ダイエットの簡単遺伝子診断|何をやっても痩せない原因はこれかも

自分の体型を知ることがダイエット成功の近道なんです!


食事制限や運動など、ダイエットで頑張ってもなかなか痩せないという人は
もしかすると、自分の体型に合ったダイエットとめぐり合うことができていない
からかもしれません


日本人は3人に1人は太りやすい遺伝子、肥満遺伝子をもっているため
とても太りやすい人種といわれているんです。でも、肥満遺伝子といっても
50種類以上の肥満遺伝子があるため、そのかけあわせによって、太りやすいさも
人それぞれなんです


肥満遺伝子は、キットや病院などで調べることができますが、まずは自分の
普段の生活や思い当たることをチェックしながら、自分の体型を調べてみませんか


■あなたの体型は何タイプ?


問い1:太るときはどこから太る?

A:おなか
B:ヒップ・太もも
C:全体的

問い2:運動をするとどうなる?

A:運動は嫌いでやらない
B:筋肉がパンパンに張る
C:筋肉がつかない

問い3:子供も頃の体型はどう?

A:全体的にぽっちゃりしていた
B:太ももやおしりなど下半身が大きかった
C:全体的にヒョロヒョロしていた

問い4:顔はどんな形?

A:丸顔
B:卵型
C:面長、小顔

問い5:好きな食べ物は何?

A:ご飯やパン、麵類などの主食
B:揚げ物などたっぷり脂を使った料理
C:ヘルシーな魚や豆、野菜を使った料理

問い6:お腹がぺこぺこ。あなたの気分は?

A:イライラする
B:ガマンできる
C:食事を抜いても平気

問い7:あなたの体調はどれに近い?

A:疲れやすくて、すぐに汗をかく
B:体が硬く、常に肩こりに悩まされている
C:胃腸が弱い

問い8:太ったとき、最初にきつくなる場所は?

A:ウエスト
B:太もも
C:全体的にきつくなる

問い9:ダイエットをした結果は?

A:痩せやすいがすぐにリバウンドする
B:何をしてもなかなか痩せない
C:ダイエットをしたことがない

問い10:あなたの性格は?

A:おっとりしている
B:しっかり者
C:完璧主義

■診断結果

Aが多かった人はりんご型
Bが多かった人は洋ナシ型
Cが多かった人はバナナ型

なお、2つ一緒な人は両方のタイプを合わせもっている可能性があるかもしれません

« スポンサードリンク »

太りやすい遺伝子の検査方法|効率よく痩せるために

遺伝子検査で効率的にダイエット!


日本人は他の国の人に比べて、太りやすいと言われているんですよね
それは、日本人は太りやすい遺伝子を持っている人が多いからなんです
ダイエットをしても、上手く痩せることが出来ない人は、ダイエット方法を
見直すことも大切かもしれませんが、一度遺伝子検査をしてみるといいかも!


太りやすい遺伝子を調べることによって、自分の体質や何が太る原因を作っているのか
どうしたら、より効率的に痩せることができるのかが見えてくるはずです
どれだけダイエットを頑張っても、自分の体質に合ったダイエット方法でなければ
上手くいかない、たとえ、うまくいってもリバウンドになる可能性もあるんです


■太りやすい遺伝子を検査するためには


遺伝子の検査というと、なんだか難しいような面倒くさいようなイメージもありますよね
自分がどういう体型なのか、簡単に診断できるテストもあるようです
でも、自分の判断にまかせたテストだと、本当にそうなのかちょっと不安ですよね


最近では、簡単に肥満遺伝子を調べることができるキットも多くあるようです
こういった類のキットは、自宅で簡単にしかも手軽に受けることができるので人気のようです
麺棒のようなもので、頬の内側の細胞を採取して必要な書類と一緒に送るだけ


しばらくすると、自分の肥満遺伝子の結果とともに、どういうダイエット方法が
あっているかなど、送られてくるそうです
ご予算も、平均的に6000円くらいが相場のようです


それでも、50以上ある肥満遺伝子
もっと詳しく知りたいと思う人は、病院での肥満遺伝子検査がより詳しくわかるようです


肥満外来などで検査をしてもらえるようです。こちらの検査もキットと同じで
麺棒のようなもので、頬の内側を採取して検査をしてもらうものになります
こちらの価格は1万円〜3万円くらいが相場のようです


検査に1万円以上と思うと、ちょっとお高い気もしますが、ダイエットを一生
続ける努力に比べたら、安いのかもしれませんね
効率よく自分に合ったダイエット方法を見つけるためにも太りやすい遺伝子検査を
してみる価値はあるのかもしれませんね!

« スポンサードリンク »

自分に合ったダイエット法がわからない|肥満遺伝子検査でわかること

太る痩せるは遺伝子が大きく関係している!


たくさんあるダイエット方法の中から、自分に合ったダイエット方法を見つけるって
とっても大変ではありませんか?食事制限、単品ダイエット、ダイエットエクササイズ
運動、骨盤ダイエット、糖質制限ダイエットなどなど・・・


いろんな方法がありすぎて、どれをしたらいいのかわからない。または、やっては
みたものの結果がでなくて諦めた。そんな人もたくさんいますよね
それに、一度は成功したけれどちょっと気を緩めてしまった途端、体重は元通り
なんて、リバウンドを繰り返してしまったり・・・なんてこともありますよね


痩せては太り・・・を繰り返しているとそれだけでも体には大きなダメージ
どんどん痩せにくく太りやすい体をつくっているんです
流行のダイエットに飛びついては諦め、また次・・・なんて本当に悪循環なんですよ


■同じダイエッ方法でも
痩せる人と太る人がいるのは何故?



例えば糖質制限ダイエット。ある人は効果があって、どんどん痩せる
でも、ある人は同じような食事、運動をしているのに全ぜん痩せない。そんな話
聞いた事はありませんか?友人が痩せたからといって、同じ方法であなたも痩せれる
とは限らないですよね


実は日本人の肥満に関わる3種類の遺伝子があるといわれているんです
・β3AR遺伝子
・UCPI遺伝子
・β2AR遺伝子

この3つの肥満遺伝子に異変があると、ダイエットには必須といわれる代謝に大きく影響


この肥満遺伝子のどれをもっているかによって、ダイエット方法が違ってくるんです
例えば、脂質の代謝が苦手な遺伝子を持っている人が、糖質制限ダイエットをしても
あまり効果は現れません。脂質を抑えないと効果的に痩せることはできないんです


■3つの肥満遺伝子による体型別ダイエット


上の3つの肥満遺伝子の関係により、大きく3つの体型にわけることができます

●りんご型
このタイプの人は、糖質の代謝が苦手でご飯や甘いものの食べすぎで
内臓脂肪がつきやすいタイプです

●洋ナシ型
このタイプの人は脂質の代謝が苦手で、油っこいものを食べ過ぎると、下半身に
皮下脂肪がつきやすいタイプ

●バナナ型
このタイプの人はたんぱく質の合成が苦手で、筋肉がつきにくく一度太ると
痩せにくいタイプ

●アダム・イヴ型
このタイプの人は、遺伝子に関係なく生活習慣に問題がある人です


■ダイエット遺伝子検査のメリット


●太る原因や自分が痩せない原因がわかりやすい
●体のどこに脂肪がつきやすい体型なのかが判明する
●自分に合ったダイエット方法がわかるので効果的なダイエットができる
●効果がでるので長期的な体重管理、健康管理ができる


自分に合ったダイエット方法を知るためにまずは、自分の体型や体の特徴をしることが大切です
ダイエット遺伝子検査で自分の太る原因、痩せやすい方法を知って効果的なダイエットを
していきたいですよね!

« スポンサードリンク »

食べていないのに太る意外な原因|あなたは何故デブなのか

ダイエットをしても痩せないのはあなたのせいではなかった!


食事制限や運動をして、体重を落とそうと努力しているのに、なかなか結果がでない
それどころか、頑張っているのに痩せないとモチベーションも下がってやる気もでない
一生私はデブのまま・・・?なんて不安になってきてしまことありませんか?


ちまたには、ダイエットという言葉がたくさんあふれかえっていますよね
テレビや雑誌の特集でも、ダイエットの方法などが毎月のようにでていますよね
それでも、ダイエットという言葉が今も多いのはそれだけ痩せることが出来ない人が多いということ
心配しないでください。努力しても痩せられないのはあなただけではありません


ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることですよね
でも、基本的な摂取カロリーを超えていないのに痩せない人
影でお菓子を食べているのか・・・・カロリー計算が間違えているのか・・・
そんな人もいるとは思いますが、食べていないのに痩せない、痩せにくい人は存在するんです


■日本人は太りやすい


ダイエットをする上で、大きく関係している基礎代謝
日常の生活強度や運動量などによっても変わりますが
一般的には男性なら1500kcal、女性なら1200kcalほどといわれています


しかし、人によって本当にバラつきがあるものなんです
600kcalほどの人もいれば、2000kcalを超える人もいます
それでも、平均をとって1日の基礎代謝が計算されて標準基礎代謝量といわれているんです


そして、なんと日本人の3人に1人は太りやすい遺伝子を持っているという説もあるんです
太る遺伝子を持っていると、基礎代謝量が平均よりも200kcal以上低くなるという
結果もあるようです


今までダイエット努力しても痩せることが出来なかった人は、ご自分の遺伝子をチェック
してみるといいかもしれません
あなたが太りやすく痩せにくい原因は、実は太る遺伝子の影響だったのかもしれませんよ


だからといって、痩せないのは仕方ないのかも・・・なんて諦めないでくださいね
太る遺伝子を受け継いでしまった人は、その基礎代謝量に合わせた摂取カロリーで
ダイエットに取り組むことで必ず結果はでるはずです


努力しても痩せない・・・そんな人はまず、遺伝子検査をしてみませんか

« スポンサードリンク »

太っているのは遺伝のせい?痩せない体質を改善する方法

遺伝太りでも痩せられる!

ダイエットを頑張ってやっているのになかなか痩せない。原因って何?
結果がでないと、痩せない理由は何なのか気になりますよね
家族を見渡してみると、そういえば全員太っているかも・・・コレって遺伝?


親が太っていると、子供も太るというのはよく聞く話ですよね
遺伝なら、頑張っても痩せることはできないんじゃないか・・・そうやって
諦める必要はまったくありません。遺伝太りでも痩せ体質を作ることはできるんです


■遺伝太りってあるの?


世の中には、どれだけ食べても太らない羨ましい人がいますよね
その逆に、あまり食べていないのに、体重が増えてしまうんなて人もいるのも事実です
このことを考えると、もともとの痩せ体質、太り体質というのはあるようです


実際に残念ですが、肥満遺伝子というものは存在します
肥満遺伝子を持っていると太りやすい体質になるのは事実です
でも、親が太っているからといって全ての人が太るわけではありません


親の肥満遺伝子を受け継いだ子供が太る割合は30パーセント
残りの70パーセントが生活環境の影響で太っているといわれています



親が太っているからダイエットをしてもうまくいかない・・・
確かにそういう理由もあるのかもしれませんが、太っている原因の多くは
日常生活の中での不摂生が大きく関係してくるのです


親が太っていても、今の自分を見直して生活を改善する努力をすることで
どれだけでも、痩せる可能性はあるということなんです


■痩せ体質を作るポイント


肥満遺伝子を持っている人は、普通の人に比べて太りやすいといえるので
やはり日ごろから気をつける必要があります


肥満遺伝子を持っている人は、同じ年齢の人よりも200kcalほど基礎代謝が
低いそうです。同じ量を食べても何故か自分だけ太る・・・なんていうのは
こういうことが影響しているようです


でも努力次第で基礎代謝は上げることができます
●体を冷やさないようにする
●筋肉量を上げる
●有酸素運動を心がける
●こまめに体を動かす
●朝食は必ず食べる


などなど・・・
基礎代謝が高まる生活に変えていきましょう


また、ご飯は腹8分目を心がけたり、栄養バランスのいい食事を心がけたり
こまめに体を動かしたりと、健康的な生活を心がけることで太りにくい体質を
作っていくことができるはずです


親が太っているからダイエットをしても無理・・・なんて諦めないでくださいね!
ちょっとした努力で太りやすい体質は痩せやすい体質に変わっていくんですよ!

« スポンサードリンク »

ダイエットしても痩せない理由は|日本人の3人に1人は太りやすい

あなたの痩せない本当の理由は・・・


最近では、テレビを見ても雑誌を開いてもどこにでも[ダイエット]という
言葉を目にしますよね。これだけ多くの特集があって、情報もたくさんあるのに
それでも、ダイエットに成功せずに悩んでいる人はたくさんいます


好きな食べ物を我慢して食事制限してみたり、運動を頑張っても痩せない
それどころか、そんなに食べていないのに太ってしまう・・・不思議ですよね


ダイエットの基本は摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくすることです
消費カロリーは基礎代謝と1日の活動量によって決まってきます
だから、基礎代謝と同じエネルギー量だけを摂取していれば、運動や活動量の分は
痩せていく。という原理なのですが・・・


年齢や体重によっても変わってはきますが
基本的に男性の1日の基礎代謝は1500kcal、女性は1200kcalといわれています
1日の食事量を1200kcalにすれば、本来なら痩せていくはずなのですが、一向に痩せない


それを考えると
痩せない原因は
摂取カロリーと消費カロリーだけでの問題ではないようです



■日本人の遺伝子は太りやすい!


1995年にアメリカのアリゾナ州に住む、ピマインディアン族に「β3アドレナリン受容体」
といわれる遺伝子が突然変異したものが見つかり、この遺伝子を持つ人は肥満や糖尿病に
なりやすいことが発表されました


このピマインディアン族は黄色人種で顔も日本人とよく似ているため、日本人にも
この遺伝子を持つ人が多いそうです。ある肥満外来の先生が患者さんを調べてみたところ
痩せられない人の3人に1人がこの遺伝子を持っていたそうです


β3アドレナリン受容体遺伝子を持っていると、基礎代謝量が普通の人と比べて
200kcalも低下し、太りやすくしかも痩せにくい体質になっているそうです




普通の人と同じ食事をしている、または食事制限をしているのに痩せられないという人は
もしかすると、この遺伝子を持っているのかもしれません


今まで、何をしても痩せることが難しかった人は、一度遺伝子検査をしてみると
いいかもしれませんね!


太る原因や痩せない原因がわからず、ダイエットの失敗を繰り返してきた人も
今度こそは痩せることができるかもしれない!そう考えると明るい未来が見えてきますよね!

« スポンサードリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。