« スポンサードリンク »
ホーム » 脂肪と筋肉

筋肉トレーニングで脂肪を効果的に燃やす|有酸素運動だけでは痩せない理由

筋肉を増やして脂肪を燃やす!


体重を落とすためにはジョギングなどの激しい運動が効果的だと思いがちです
でも、本当にダイエットをしたいならまずは筋肉をつけることが大切なんです
筋肉がないまま激しい運動、いわゆる有酸素運動を続けても効果は半減なんです


かといって、有酸素運動が悪いわけではありません
何も運動をしなければそれこそおデブの道にまっしぐらですよね
あくまでも、有酸素運動だけでは効果的に痩せるのは難しいということなんです


脂肪を効率よく燃やすためには筋肉の量を増やして基礎代謝を上げること
これがとても大切なんです。一生懸命運動をしていても効果がない人は
筋肉量をアップさせることで効果がきっとでてくるはず


人間の体でもっともエネルギーを消費するのが心臓と筋肉だといわれています
中でも体内の組織で一番多い筋肉を鍛えることでエネルギーが燃焼する
効果が高まりより効率的に脂肪を燃やすことができるんです



筋肉量がアップすることで基礎代謝もあがりより多くのエネルギーや
脂肪が燃焼するので普段と同じことをしていても勝手に脂肪を燃やす量が
増えるというわけなんですね



筋肉作りは太りにくいからだを作ってくれるんですよ



せっかく有酸素運動をがんばってやってもその効果は一時てきなものなんです
カロリー消費やそのときに蓄えてしまった脂肪を燃焼させる効果はありますが
有酸素運動だけでは脂肪を燃やしやすいからだを作ることはできないんです


ダイエットは一時的に体重を落とすものではありませんよね?
一時的に体重を落とすことができたとしてもその後リバウンドをしてしまっては
なんの意味もありませんよね・・・




筋肉量を上げて基礎代謝を高めることはリバウンドしないダイエットにもなります
体脂肪を効率的に燃やし、太りにくい体を作る
そのためにも筋肉トレーニングで筋肉量をアップさせていきましょう!

« スポンサードリンク »

肩こりの人は痩せにくい|メリハリボディを作るひじ回しダイエットのやり方

一日1分ひじを回すだけで
メリハリボディになれるんです



首がほっそりとしていて肩や背中の筋肉が少ない
しっかりとくびれがあるけれどしなやか
そんな女性らしいボディに憧れますよね


普段からかの生活習慣や悪い姿勢が
気がつかないうちにメリハリがない男性のような
ボディを作っていることもあるんです


メリハリのない体になってしまっている人は
肩の筋肉がこんもり盛り上がっている人が多いはず
肩の筋肉をほぐすことでメリハリボディに
近づくことができるんですよ


肩の筋肉をほぐすとそれに連動して
肩甲骨も正しい位置に下がっていきます
ひじを回すことでメリハリボディが作られる理由は
この肩甲骨が大きくかかわっているんです


肩甲骨は鎖骨としかつながっていないので
とても歪みやすいものなんです


姿勢が悪くなると頭が下がり肩が前に出てきてしまいます
このとき肩につられて肩甲骨が引き上げられ
肩甲骨がゆがんでしまうんです
一方で体の前側のバストやろっ骨が下がってしまいます


ろっ骨と骨盤の距離がつまってしまうと
くびれるスペースがなくなるため
ズンドウ体型になってしまうんです


逆に肩まわりがほぐれると
肩が後ろに下がりろっ骨とバストが引き上がり
くびれのスペースができるんです


肩とウエストは一見関連はなさそうですが
ひじを回す動きによって肩とウエストが連動して
ウエストにくびれを作ってくれるんですね


肩甲骨が下がるとウエストがくびれる効果のほかにも
ろっ骨から骨盤の歪みが改善されて内臓や血行をよくして
全身の代謝アップにもつながるんです


代謝がよくなると
体の中の脂肪が燃えやすくなって
太りにくい体を作ることができるんです


まずは肩の筋肉が固くなっていないか
チェックをしてみましょう


★肩の柔軟度チェック
・肩が前にでている
・腕を真横に開き曲げたひじをウエストにつけられない
・鎖骨がくっきりとみえない
・背中側で反対側の鎖骨をさわることができない
・首だけ動かして後ろ側を見ることができない
・背中側で上と下から手を組むことができない
・首を動かしても斜めの筋が浮き出ない


以上の中でチェックが多いほど
肩がカチカチに固まっていますよ
今は大丈夫でもこのままにしておくと
将来的にくびれのないズンドウ体型になってしまかも!


ひじ回しダイエットの方法は1分間ただひじを回すだけ
手軽でシンプルですが
正しい姿勢で行うことやいくつかのポイントがあります
ポイントを押えて効率よく行いましょう


★ひじまわしの正しい姿勢
・足は肩幅よりやや広めに開き顔は正面にむいて立つ
・足の指(つま先)を上げて指の付け根で体を支える
・左手はお腹にあててお腹を引っ込めて恥骨を前にだす



★ひじのまわし方
・正しい姿勢の状態で右手をバストの上に当てる

・手を当てたまま右わきを閉じひじを体につける
(首や上体が傾かないように注意する)

・胸の上に当てた右手の指先を真上に向ける

・そのまま鎖骨の方向に向かって手をゆっくり滑らせる

・さらに右手を肩まで滑らせる

・肩に手をおいたまま耳に触れながらひじを天井にむけてあげる

・ひじが天井にむくところまで右ひじをあげたら
左腕を頭の上にまわし、左手で右ひじをつかむ

・右ひじをつかんだまま左手を真上に引き上げる
(10cmほど引き上げるのが理想)

・上げきったところで左手を右ひじから離して左手をお腹に戻す

・右手を肩につけたまま、前から後ろへひじを大きく回す
(体の横で半円を描くイメージで・腕を後ろにまわすときは
ひじをできるだけ後ろにむけましょう)

・これを3回行う

・まわし終わったらひじをおろして右手を肩につけたまま
右ひじをわきに当てる

・そのまま右手を肩から離して手を下ろす

・腕を反対にして今度は左ひじを回す


どこでも行うことができるのでとっても簡単!
肩こりがひどいときにもいいですよ
ひじを回して女性らしいメリハリボディになりましょうね






« スポンサードリンク »

女性らしい体型になりたい|脂肪と筋肉のバランスが輪郭を作る

ダイエットをしている人の多くが
綺麗になりたい
そんな思いを持ってダイエットに励んでいると思います


ダイエットをして痩せればきれいになる
そう思っている人がたくさんいるとは思いますが
体重を落とすことと女性らしい体型を作ることは少し違うんですね

それにダイエットをしすぎてがりがりになってしまったり
間違ったダイエットをして女性らいし体系を逆に
崩してしまうこともあります


実際に身長と体重がほぼ同じでも
痩せて見える人と太って見える人がいますよね
この違いは実は筋肉と脂肪のつき方のバランスにあるんです


筋肉がしっかりとついている人と
脂肪が多い人とでは
見え方が違ってくるということなんです

脂肪は同じ量でも筋肉よりも体積が大きいために
膨らんで見えてしまいぽっちゃりと見えてしまうんですね


脂肪と筋肉の割合は日々の運動で変えることができます
脂肪を適度な量まで減らして筋肉をつけていく
これが女性らしい体型を作るうえでは大切なポイントです


ウォーキングやジョギング、ダンベルなどのエクササイズなどの
運動を繰りかえすことによって
適度に引き締まった体を作っていくことができます


でも、脂肪の減らしすぎには注意が必要です
ダイエットの敵と思われる脂肪ですが
体に大きな役割をしているんです


体の体温を保ったり肌に潤いを与える
女性ホルモンを助ける働き
活動を支える筋肉の栄養源になるなどなど


脂肪を減らしすぎてしまうと
美容や健康を損なってしまい
女性としての機能を失う可能性があるんですね


適正な脂肪をキープして
適度な筋肉をつける

それによってしなやかな
女性らしい曲線をもった体型に
なることができるんですね

« スポンサードリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。