« スポンサードリンク »
ホーム » 睡眠

痩せる眠り方を手に入れる|寝つきが良くなる入眠テクニック方法

眠りが変われば痩せられる!


ぐっすり眠ることは、ダイエットの効率をよくするためにはとても大切なこと
でも、布団に入ってからなかなか寝付けなかったり、朝目覚めても疲れがとれていない
体がだるい・・なんてことはありませんか?


女性は特に30代後半になると女性ホルモンの変化などで、深く長い睡眠時間がとれず
睡眠感が薄れてしまいやすいようです。ここで睡眠の質が大きく変化する人が多い


せっかくの睡眠も、質のよいものでなければダイエット効果も半減
睡眠時間平均も6時間くらいと少ないからこそ、いかに早く入眠するかが痩せるための鍵
眠り方が変われば、痩せホルモンが沸いてくるはずです


■深く眠れる入眠テクニック


短時間入眠に最も必要なことは、体を活動モードから休息モードに切り替えること
また、睡眠にはストレスも大きく関係しているので寝る前の心のケアも大切ですよ


●寝るときはパジャマを着る

パジャマは寝る専用に作られたものなので、着替えるだけでも効果があります
部屋着のままだと、脳は活動の延長と感じてしまいなかなか休息モードに入れません
寝返りのしやすさや、吸湿、吸汗なども考えられているので部屋着やジャージで
眠るより寝ている間の疲れもとってくれます

●顔の安心ゾーンを布団で覆う

顔に布の感触があると安心感をもたらして、眠気が早く訪れます
目、頬、鼻、口など自分が感じる心地いい安心ゾーンをみつけましょう


●足裏のつぼ「質眠」を刺激

かかとのふくらみの中心にあるつぼ「質眠」
寝付けないときや眠りが浅いというときに効くつぼです
指で押して刺激すると、血行が促され穏やかな睡眠になります

●抱き枕やぬいぐるみを使用する

肌触りのいいものに密着したり囲まれていると心地いい触感によって心が落ち着きます
お気に入りの抱き枕やぬいぐるみなど、自分のお気に入りを見つけて布団にはいって
みましょう

●心配事を書き出す

深い眠りのためには、心のケアも大切です。悩み事や心配事でモヤモヤした
状態だと、なかなか眠りのスイッチも入りません
紙に書いて吐き出してすっきりさせましょう
また、今日あったラッキーな出来事を数えながら眠ると深い眠りにつながります

●壁に扇風機をあてて温度を調節

暑い夏に安眠できて、なおかつ体が冷えない空調を作ることが大切
そのためには、エアコンを28度くらいの高めの温度に設定して
扇風機を壁にあてて気流を起こし室温を一定に保ちます

●目の周りの血流アップ

パソコンや携帯電話で眼精疲労になっています
目の周りや眉、眉間を軽くたたいて刺激すると血流がアップ
目の疲れがとれてまぶたがゆっくり重くなります


早い寝つきで、痩せホルモンがたっぷりでる質のいい睡眠を手に入れましょうね!

« スポンサードリンク »

寝る姿勢を変えるだけで痩せる|タオルでつくる背筋伸び枕の作りかた

枕を変えるだけで脂肪が燃える?!


ダイエットをがんばっているのに、なかなか思うように体重が減っていかない・・・
これって、ダイエットあるあるですよね。食事の内容や運動もしているのに
痩せない・・・。もしかして、寝ている姿勢が悪いのかもしれないですよ


睡眠時間が1日の中でもかなり、長い時間を占めていますよね。実はこの時間に作られる
寝姿勢が、起きてからの姿勢も決めているんです。猫背など姿勢が悪いと
それだけで、ダイエット効果は半減。ダイエットを成功させるためには姿勢を正すことが大切です


特に猫背の人はぽっこりとお腹がでやすい・・・


いつもの枕を変えるだけで、きれいにお腹痩せができるんです!



■寝るときに姿勢をよくする枕って?


寝ているときの姿勢で大切なのが、首もとの低さです。これが寝ている間も背筋を
伸ばすことができる枕の条件。完全にフラットな状態から、あごを軽く引いた程度の
傾斜が姿勢をよくする枕の条件なんです


ここでおすすめなのがどこでも簡単に作ることのできるタオル枕
バスタオル2枚とフェースタオル2枚であっという間に背筋伸びタオルを作ることができます


■背筋伸びタオル枕のメリット

●いつでもどこでもすぐできる

必要なものは、バスタオルとフェースタオルだけなので家ではもちろん
旅行先でも簡単に作ることができます

●通気性がいいのでいつでも快眠できる

枕の通気性が悪いと頭に熱がこもり寝苦しくなる原因に。そうすると眠りが
浅くなってしまいます。タオル素材は通気性がいいため、いつでも気持ちよく
眠ることができます

●顔がわずかに傾く高さで、背筋が伸び痩せ効果大

横になったときに背筋が伸びる状態にすることは、枕の首元が低いことが大切です
4つ折にしたバスタオル2枚重ねるとちょうどその高さになります

●両サイドのフェースタオルで寝返りをスムーズに。歪みを矯正

寝返りには、骨盤を矯正する効果があるんです。タオル枕は両サイドが高いので
頭が支えられて寝返りをスムーズにすることができるんです



■背筋伸びタオル枕の作り方

●用意するもの
バスタオル2枚   フェイスタオル2枚

通気性のいいものがおすすめです。フェースタオルは浴用タイプといわれている
細長いタイプのものを用意しましょう

●作り方
@バスタオルを四つ折りにする
 バスタオル1枚の長いほうの辺を真ん中で二つ折にした後、さらに真ん中で二つ折にする
A両サイドに四つ折のフェースタオルを置く
 @と同じ要領で作ったフェースタオル2枚を四つ折にしたら、@のバスタオルの
 両サイドにそれぞれおく
B四つ折にしたバスタオルをさらに重ねてできあがり
 もう1枚のバスタオルを@と同じ要領で四つ折にしてAの上に重ねる


すぐに作ることができるタオル枕で、寝姿勢をよくして、いつでも脂肪が燃える
体を作っていくことが、痩せるためには大切なことですよ!

« スポンサードリンク »

太る原因は睡眠不足だから?|質のいい眠りで痩せる理由

睡眠とダイエットには深い関係があるんです!


人間誰もが毎日行なっている睡眠。この睡眠がダイエットと大きな関係があるんです
食事制限や運動を頑張っているのに痩せない・・・
なんて人はもしかして睡眠不足の生活を送っていませんか?


■睡眠不足で太る理由


睡眠不足ということは、起きている時間が長いので消費カロリーをたくさん使って
痩せそう!そう思っている人は大きな勘違い
睡眠時間が短いときに限って、仕事がハードだったりとドカ食いや夜中にチョコや
甘いものを食べる習慣、できてしまっていませんか?


そんな生活を繰り返していると太ってしまうのは当たり前!
毎日体調も優れないし、疲れもとれない。そんな状態のまま頑張ってダイエットをしても
効果なんて現れてこないんです
そのほかにも、睡眠不足で太る原因はたくんさあるんです


●太るホルモンが活発になる


睡眠不足になると食欲を抑えるホルモンであるレプチンの分泌が低下
一方で食欲を増進させるグレリンが増加してしまいます
これによって、脳の視床下部に食欲増進と血糖値上昇の指令がだされ肥満につながります


●成長ホルモンが不足して基礎代謝が下がる

睡眠不足になると基礎代謝が下がるというデーターがでているんです
基礎代謝を高めるために必要になるのが成長ホルモン
成長ホルモンは寝ている間に分泌されます


●朝食を抜きがちになってしまう

朝目覚めたときに寝不足だと、眠気のせいで朝食をとらない。なんてことに
これが続くと1日中エネルギーが消化しづらいからだになってしまいます
また、朝食を抜くことで昼や夜のドカ食いにもつながってしまいます


■ぐっすり眠ると痩せる理由

●痩せホルモンが分泌される

質の良い眠りをとると、代謝促進や筋肉の活性化を促す痩せホルモンが大量に分泌
寝てから3時間くらいに最も多く分泌されるので、スムーズな入眠を意識しましょう


●ムダ食いしなくなる

朝起きて夜寝るという1日の生活リズムを司るもののひとつが自律神経です
質のよい眠りによって、自律神経のバランスが整いストレスによるムダ食いが
減り、食欲もコントロールすることができます


●日中を活発的に過ごせる

夜にぐっすり熟睡できていれば、目覚めはすっきり。朝から活動的に動くことができます
自然と1日の活動量も増え、消費カロリーもUP
よく動くことで夜には居心地のいい疲労感が生まれぐっすり眠れる好循環につながります


質のよい睡眠をとることで、ホルモンや自律神経を整えて効率のいいダイエットを
していきたですよね!

« スポンサードリンク »

寝るダイエットを効果的にする方法|眠れる習慣をみにつける過ごし方

ダイエットに効果的な睡眠は質のよい睡眠に限る


寝ると痩せる。小さい頃って食べて寝る子は育つってよく聞いていたから
睡眠とダイエットってまったく関係のないように感じていたんですよね


それに、睡眠時間を短くしてたくさん起きていたほうが、消化カロリーもたくさん
使われるから、痩せるはず。若い頃はそう思って寝ずに遊んでしまった。なんて
経験ありません?


でも、この睡眠不足が太りやすい体質を作ってしまっていたんですよね
痩せるためには、ぐっすり眠ること。それも質よい睡眠をとることが大切なんです


かといって、今まで遅くまで起きていて朝も起きれない。なんて人もおおいはず
寝ているつもりでも、朝からぐったりしてるなんて人は質のいい睡眠がとれていない証拠
質のいい睡眠を手にいれるためには、1日の過ごし方が重要なんですよ


■ぐっすり眠れる生活習慣ポイント


●起床
毎朝8時までには起きるようにしましょう。お休みの日だからといって昼まで寝てた
なんていうのはもってのほか!です


・まず朝目が覚めたらカーテンをあける
太陽の光を浴びて脳を目覚めさせましょう。これで体内時計がリセットされます

・コップ1杯の水を飲む
睡眠中はコップ1杯程度の汗をかくといわれています。その分の水分を補給することで
滞っていた血流を促し、代謝をUPさせます

・5分間42度から43度の熱めのシャワーを浴びる
睡眠の質が良くない人は寝起きの体温が下がりがちです。熱めのシャワーで
覚醒を促しましょう


●朝食
朝食は酵素やたんぱく質、食物繊維を忘れずに!
生のフルーツや卵、お味噌汁、豆腐、納豆などがベスト


●昼ごはん
・お昼ご飯は丼物よりも和食を中心にしたランチがおすすめ
睡眠成分トリプトファンの多く含んだ肉や魚、豆類を多くとりましょう

・食後15分目を閉じる
ランチ後の睡眠は我慢せず、椅子に座ったまま15分目を閉じる
脳の疲労が回復して蓄積された睡眠不足も解消されます

●おやつ
ナッツ類やチーズ、ホットミルクなど睡眠成分トリプトファンを多く含むものを
上手にとりいれましょ


●夕方18時ごろ自律神経をととのえる
この時間帯になったら、靴を脱いだりリラックスしましょう
副交感神経が優位に働き始めて眠りの準備ができます

18時から20時ごろが運動のベスト時間です


●夕食
寝る直前に食事をすると消化を助けるために内臓が活性化し寝つきが悪くなります
寝る4時間前には夕食を終わらせましょう


●入浴睡眠時間から逆算して1時間半前が理想
就寝前に体温を上げるとスムーズな睡眠につながります。ほてりが冷めたらベッドに
はいりましょう

●寝る前のNG行為スマホやパソコンの画面のブルーライトは脳を興奮状態にしていしまいます
んる1時間前はすべてのIT機器の電源はOFFしましょう


理想の睡眠時間は7時間がベストです!
0時から6時の間に痩せホルモンの働きが活発になるので、この時間を挟んで
質の良い睡眠をとるようにしてみると睡眠ダイエットの効果もグッとあがるはずですよ

« スポンサードリンク »

深イイ話で紹介された寝るだけで痩せる方法|ダイエットに効果的な睡眠時間

超簡単!寝るだけで痩せるダイエット


先日放映された深イイ話、今回は睡眠についての特集でした
その中で、寝るだけで痩せるという睡眠ダイエット方法をやっていました
寝るだけで痩せれるのなら、やらないのはもったいないですよね


睡眠ダイエット方法を紹介してくれたのは、食と睡眠から美を追求する
インナービューティアドバイザーの友野なおさん
睡眠ダイエット方法で半年で7キロものダイエットに成功したそうです


友野さんは24歳のときにミス日本に選ばれるほどスリムなボディの持ち主
でも、多忙のため過食気味になってしまい28歳のときには体重が60キロ以上に
お腹もぽっこりとでてしまいミス日本の面影もなくなってしまったそうです



いろいろなダイエット方法を試した中でいきついたのが、睡眠ダイエット方法
寝る1時間前はリラックスをして、0時には睡眠。7時間30分の睡眠をとって
朝はしっかりと太陽の光を浴びるという至ってシンプルなダイエット法です


でも、はじめた頃は今までの不規則な生活のせいか、なかなか0時に寝るのは
大変だったそうですよ。確かに、不規則な生活をしていると決まった時間に
眠ることって結構大変なことですよね。なかなか寝付けなかったり
睡眠の途中で目が覚めてしまったりと、しっかりとした睡眠がとれないんです


自然に睡眠にスイッチを入れるためには、寝る1時間前が決め手のようです
寝むる1時間前の明るさが睡眠の質を高めてくれるそうですよ


睡眠の1時間前には照明を間接照明、オレンジ色の灯りにして
アロマキャンドルなどを炊いてリラックスすることで睡眠につながる
メラトニンというホルモンが正常に分泌されるようになります


逆に青白い光はNG。寝る1時間前にコンビになどの明るい場所にいったり
携帯電話やテレビなどの光もメラトニンの分泌を妨げる原因になるそうです
もちろん、照明をつけたまま眠るのはもってのほか。ということでした


規則正しい7時間30分睡眠が睡眠ダイエットでは大切なようですね
眠っている間は代謝を高めるホルモンがたくさん作られるといいます
ダイエット効果を高めるためにも質のよい睡眠をしっかりととりたいですね

« スポンサードリンク »

睡眠ダイエットは時間がポイント|コルチゾールの働きが痩せる体を作る

眠りの質で痩せやすさが変わるんです


ダイエットといえば運動や食事制限など辛いイメージが
ありますよね。でも毎日の眠り方を少し変えるだけで
痩せやすいからだを作ることができるんです


痩せるためには睡眠時間を削ってまでも運動をしたり
からだを動かしてエネルギーを消費したほうがいいように
思いがちですが、それは大きな間違いなんです


睡眠時間が不十分だとかえって太りやすいからだになってしまいます
かといって、長く寝れば寝るほど痩せることができるのか?
それも答えはNOなんです


7時間前後の睡眠時間を確保することが最適で
痩せる体質を作るためには必要な睡眠時間なんです


でも、同じ7時間睡眠でも時間さえ確保すればいいと
いうものでもないんですよ
同じ7時間でも23時から6時まで寝るのと
深夜3時から10時まで寝るのでは睡眠の質に大きな差があるんです


ダイエットに大きな影響を与えるのは睡眠中に分泌される
2つのホルモンが重要な鍵を握っているんですよ


睡眠時間には基礎代謝を高める成長ホルモンや
睡眠中と起きた直後のエネルギーをつくり出すコルチゾールという
ホルモンが分泌されますがこれらのホルモンは寝る時間に大きく左右されます


睡眠にはノンレム睡眠という深い眠りとレム睡眠と呼ばれる夢を
見る浅い眠りの2種類がありますが寝る時間には関係なく寝付いてから
3時間ほどの間にはノンレム睡眠が多く現れて成長ホルモンが大量に分泌されます
さらにコルチゾールは午前3時から6時の間に多く分泌されるんです


効率よく成長ホルモンとコルチゾールを分泌させるためには
深夜0時から6時に寝ることが重要なんです


この時間に睡眠をとることで前半は成長ホルモンを分泌
後半はコルチゾールが分泌されるというわけです


さらにコルチゾールは睡眠中に体脂肪を分解してブドウ糖を作りエネルギーを
作りだすホルモンなんですが朝8時過ぎまで眠っていると
エネルギーはいらないと脳が判断してしまうんです


そうなるとブドウ糖は体脂肪に再合成されて再び体に
溜め込みやすくなってしまいます
分解されたブドウ糖をエネルギーとして消費するためには
遅くとも8時過ぎには起きることもポイントとなってきます


質のよい睡眠、睡眠時間、眠る時間に気をつけて
代謝を高めて脂肪を燃やしやすい痩せ体質を手にいれましょうね


« スポンサードリンク »

おなかの肉とお尻の肉は脂肪がちがう

おなかの周りにお肉(脂肪)がついてきちゃったなぁ
お尻や太ももにお肉(脂肪)がついてきちゃたなぁ

この二つ
よく耳にする言葉ですよね

この二つの脂肪、実は違う脂肪なんです
脂肪は2つに分類されます
そのタイプによって脂肪を効果的に減らす方法も違ってくるから要チェック

●タイプ1
おなかの周りに脂肪がついている
一見太って見えない
ビール腹に悩んでいる
  ↓
こちらのタイプの人は「りんご型」
内臓に脂肪がついている内臓肥満。
生活習慣病になりやすいので注意が必要
中年の男性に多いタイプ

●タイプ2
お尻や下腹下半身中心に脂肪がついている
脂肪が目立つので太って見えるかも
  ↓
こちらは「洋ナシ型」
女性に多く目立つので悩んでいる人も多いかも

この二つの脂肪のタイプによって効果的なダイエット方法も変わってきます

●りんご型
まずは食生活の改善と運動(有酸素運動)が効果的
●洋ナシ型
筋肉をつける無酸素運動をして基礎代謝をあげることが効果的
たんぱく質を多くとりいれましょう

脂肪の種類を知って太りにくい体を手にいれましょう。

« スポンサードリンク »

痩せるためにはまず体型を知ること

痩せたい!そう思ってダイエットを決行
でも、どれくらい痩せたいの

・体重を落としたい
・顔を小さくしたい
・おなか周りをひきしめたい
・足をほっそりしたい

その目的によって、ダイエット方法は変わってくるはず
まずは自分の体型を知ることが大切

●BMI値は?
 BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数。
 手軽に分かる肥満度の目安なので是非チェックをしましょう

BMIの計算方法

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
(例えば160cm体重55kの人の場合・55÷1.6÷1.6=21)
BMI値18.5未満     痩せ
BMI値18.5〜25未満   普通
BMI値25以上      肥満
※統計的に見て一番病気になりにくい値が22(基準値)です

●体脂肪率はどのくらい?
 体脂肪とは体の中にある脂肪が占める割合
 体重を重くしているのが筋肉なのか体脂肪なのか知ることが必要です。
 体脂肪は男性と女性・年代によっても変わってくるんです。

簡単な体脂肪率の目安
 30歳未満の男性の体脂肪率の基準値としては、14〜20%
30歳以上の男性の体脂肪率の基準値としては、17〜23%
30歳未満の女性の体脂肪率の基準値としては、17〜24%
30歳以上の女性の体脂肪率の基準値としては、20〜27%

数値が30%を超えると肥満傾向にあるから要注意
体脂肪は体脂肪計で簡単に計ることができます。

測定適切時間
 あまり細かくなる必要はないけれど以下の点に注意しましょう

● 測定は食事前で入浴前がお勧め
● 食事後、あるいは入浴後、2時間以上経過してから
● できるだけ同じ時間帯で、同じ状態で測定するようにする

まずは自分の体型をしっかりと分析してダイエットをスタートさせませましょうね

« スポンサードリンク »
タグ /
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。