« スポンサードリンク »
ホーム » ホルモンバランス » テレビで紹介された痩せるホルモン分泌法|努力なしで健康的にダイエット

テレビで紹介された痩せるホルモン分泌法|努力なしで健康的にダイエット

痩せるホルモン分泌で努力しないで痩せられる!

ビートたけしさんが司会をしているテレビみんなの家庭の医学で
肥満解消スペシャルを放送していました。今回は痩せるホルモン特集
これがあれば食事制限なし、運動もしなくていい夢のようなダイエット方法


20才から基礎代謝がどんどん低下していくので中年になってくると
脂肪がつきやすくなるのは仕方のないこと。でも、それを放っておくととっても危険
肥満から糖尿病や脚壊疽、心筋梗塞など中年太りは命にかかわる病気なんです


歳をとると、太ってくるのは仕方ない。でも、同じ歳なのにスリムなボディをキープ
している人っていますよね。それが今話題になっている美魔女たち
40歳を超えてもきれいなスタイルをキープしていて本当に羨ましい限りですよね


美魔女たちは必死でダイエットやきれいになるために努力をしているのでしょうか?
実は最近、痩せている人のメカニズムが明らかになってきたそうです
そのお話をしてくれたのが肥満治療の第一人者でもある小田原雅人先生


人の体にはもともと存在するGLP−1という物質が太りにくくなるホルモンで
そのホルモンの分泌量が痩せている人と太っている人の大きな差を生んでいるようです
実際にテレビの中でも痩せている人と太っている人に同じ食事をしてもらい
GLP−1値を計り実験


実験結果は太っている人は40パーセント未満
それに比べて痩せている人は70パーセント、480パーセントと大きな差がありました
痩せている人ほど、しっかりとGLP−1が分泌されているようです


痩せるホルモンの大きな役割は
@脳にある満腹中枢を刺激して早めに満腹感がでるため食べ過ぎを防止
A胃に働きかけて血糖値の上昇を和らげる
Bすい臓に働きかけ血糖値を下げるインスリンがでやすくなる
など。ダイエットにとってとても大切な役割をしているんですね


では、太っている人はもう痩せるホルモンはあんまりでないのか?
生活習慣によって痩せるホルモンの分泌量は増えるようなので安心してください!
痩せホルモンを大量に分泌させるためには


食べ物で小腸を刺激すること!

小腸はからだの中で栄養素やアミノ酸を吸収する場所
GLP−1は小腸の下のほうで作られるので小腸を刺激することで大量に痩せホルモンが
分泌されるようです


小腸を刺激するのに効果的な食品は・・・・
@食物繊維
1日に18グラムぐらいをとることをおすすめ。でも、18グラムというと
レタスなら4個半、きゅうりなら18本。これを1日で食べるのはかなり大変ですよね


そんな時は食物繊維がとっても豊富なアボガドがおすすめのようです
アボガド1個で食物繊維が約8グラムもとれる優れものなんです
でも、アボガドはカロリーが高いのでダイエット中は気をつけて食べたいですよね


Aさばの水煮缶
さばに含まれているEPAという成分が痩せるホルモンGPL−1を出しやすくするんです
さばにはEPSが1645ミリグラムも含まれているので理想の食品
山形県の人はさば缶を大量に食べる土地の人のようで痩せている人が多いようです


山形県ではさば缶に納豆、ねぎなどを混ぜてそれを茹でたうどんに絡めて食べる
ひっぱりうどんが有名のようです。ほかにも、お味噌汁に入れたり
冷奴にさば缶をかけて食べたり、いろいろとさば缶をとりいれているようです


さば缶を食べるだけで痩せることができきるんなら、取り入れない手はないですよね
普段、さば缶は食べないけれどちょっと調べるとさば缶のレシピって豊富にあるようです
痩せるホルモンを大量に分泌させて、努力しないで太らない体、目指しましょう!
« スポンサードリンク »
トラックバック
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/370719070
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。