« スポンサードリンク »
ホーム » 食事 » ダイエット中の食べ過ぎは翌日の過ごし方が大切|食べ物が脂肪に変わる時間

ダイエット中の食べ過ぎは翌日の過ごし方が大切|食べ物が脂肪に変わる時間

食べ過ぎても1日では脂肪には変わらない!

ダイエット中をしているのについつい食べ過ぎてしまうこと
ありますよね。急な食事のお誘いや飲み会、ストレスからのどか食い
ダイエットをしているのに何故だか食べ物の誘惑が多いんだよね・・・


で、ダイエット中だということをわかってはいるけれどついつい
食べちゃった・・・。そんな経験は誰にでもあるものです
どうせ食べるなら思いっきり食べてしまえ!と食欲が旺盛にもなるんですよね


食べている時は幸せだけど食べた後にすんごい後悔しちゃいませんか?
今までがんばってきたのに・・・今までの苦労が水の泡・・・
自分を責めてしまってダイエットを挫折しちゃうなんてこともありますよね


でも、食べ過ぎてしまって後悔してダイエットを挫折してしまうなんて
それこそ本当にもったいない!たまにはこんな日があっていいよね。
くらいの気持ちでダイエットを続けることに意味があるんですよ


食べ過ぎたらまずはダイエットを建て直すことからはじめてみる
これが大切なんですよ


食べ過ぎてしまったら次の日、体重がドーンと増えていることはあるとは
ありますよね。でもそれって、食べたもののエネルギーが脂肪に変わってしまって
体重が増えたわけではないんですよ


確かに脂肪に変わりやすい炭水化物や脂質、油などは摂取されてから
12時間以内に脂肪になるといわれているんです
でも、食べ過ぎた翌日からすぐにカロリーコントロールをすることで
食べ過ぎた食事をリセットすることは可能なんです


食べ過ぎたなと思ったらまずは2日間かけてカロリーを調節してみましょう
例えば1日に1200kcalの食事を目標としていたとしますよね
これを3日間にすると3600キロカロリー

食べ過ぎた日の食事のカロリーがだいたい2000kcalだったとしたら
その次の日と次の日は1日800キロカロリーで抑えるように過ごす
でも、普段よりも少ないカロリーだと空腹感に襲われるかもしれません

そんなときはちゃんと運動をして消費カロリーを高める工夫をしながら
過ごすことも大切ですよね


他にも食べ過ぎた日の翌日の食事内容にも気をつける必要がありますよ
食べ過ぎた日の食事が炭水化物や甘いものが多かったら
その日に足りていなかった栄養素をたくさんとること

食べ過ぎの食事ではビタミンやミネラルが不足していることが多いんです
食べ過ぎの日の食事を思い出して、食べていない栄養素をしっかりと
補う食事を心がけましょうね


食べ過ぎてしまったという後悔よりも食べたものをなかったことにする
ダイエットを立て直してダイエットを継続させる
それがダイエットを成功させる大切なポイントですよ

« スポンサードリンク »
TOPに戻る

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。